09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
教育・文化
2020年2月8日(土)9:00

第3回宮古島文学賞 一席に増田哲也さん

佳作に玉元さん、宮古出身/「島」テーマに61作品から選出


増田哲也氏(市文化協会提供)

増田哲也氏(市文化協会提供)

 第3回宮古島文学賞(主催・市文化協会)の最終選考会が6日、市内ホテルで行われ、一席に増田哲也さん(44)=埼玉県出身、東京都在住=の「宮古の花の咲かせかた」、二席に岡本直美さん(35)=福岡県出身、佐賀県在住=の「あの夏のひと」がそれぞれ選ばれた。佳作には玉元清さん(73)=宮古島市出身、北中城村在住=、佐鳥理(さとり・さとり)さん(41)=東京都出身・在住=に決まった。

 作家で選考委員長の椎名誠さんらが7日、市役所平良庁舎で記者会見し発表した。

 テーマは「島」で、全国から61作品の応募があった。

 最終選考会には1次、2次審査を通過した8作品が審査された。

 一席に選ばれた増田さんの作品は、島内のさまざまな場所に転がっているストレスを「僕」と砂川のオジイが一緒に拾い集めていく過程で、一人の女性の命を救うというファンタジー。

 椎名さんは「メインの骨組みがしっかりとできている。こういう作品はあるようで、私の記憶にはない。島の中でストレスを拾うという活動にはエリアが限られており、島文学としては良いテーマを選んだと思う」と評価した。

 児童文学作家で選考委員のもりおみずきさんは「一読でこれは良いと思った。発想がとても面白い。宮古の海や土地が余すことなく表現されている」と講評した。

 詩人で作家の大城貞俊さんは「小説でしか描ききれないような世界を見事に作り上げた作品。深みと広がりをもたらして新鮮な比喩にも共感した」と評した。

 玉元さんは第1回、佐鳥さんは第2回に続くそれぞれ2度目の佳作受賞。

 表彰式・祝賀会は3月7日にホテルアトールエメラルド宮古島で行われ、一席の増田さんには賞状、副賞50万円と記念品、二席の岡本さんには賞状、副賞10万円と記念品がそれぞれ贈られる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!