10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2020年2月8日(土)8:55

しらばり農園を特別表彰/福島県川内村

「3・11」後、マンゴー贈り続ける


表彰状を受けたことを報告する(左から)清川さん、仲里代表、英之さん=7日、宮古毎日新聞社

表彰状を受けたことを報告する(左から)清川さん、仲里代表、英之さん=7日、宮古毎日新聞社

 東日本大震災(2011年3月11日)以降、9年間にわたり宮古島産マンゴーを贈り子供たちを元気づけたとして、福島県川内村はこのほど、平良西仲宗根の「しらばり農園」(仲里初男代表)に特別表彰を贈った。

 仲里代表は7日、宮古毎日新聞社を訪れ、表彰状を受けたことを報告。二男の英之さん、同農園の販売を担当する「リコ・コン・リトモ」(東京都)の清川雅洋さんが同席した。

 仲里代表は「表彰状をいただき、うれしく思う。毎年、学校から届くお礼状が宝物になっている。続けられる限り続けたい」と喜びを語った。

 川内村は福島県の中西部に位置し、人口は約2500人。東日本大震災後は原発事故の影響により、一時は村内全域に避難指示が出されていた。

 マンゴーを送るきっかけは、清川さんが復興支援の会合で同村を訪れたこと。村関係者に相談して、宮古島のマンゴーをプレゼントすることが決まった。

 同農園は毎年20~30㌔のマンゴーを贈り、村内の幼稚園、小・中学校の子供たちに、給食のデザートとして振る舞われた。

 学校側からは毎年、お礼状が届いている。子供たちがおいしそうにマンゴーを頬張る様子などが紹介されている。

 昨年11月に川内村で表彰式が行われ、清川さんが表彰状を受け取った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!