09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年2月15日(土)8:54

【行雲流水】(伊良部大橋)

 「伊良部大橋開通から5年、どう変わった島の暮らし」テーマごとに記名入りで連載されている宮古毎日新聞の企画記事のタイトルだ。架橋によって島の暮らしが変わる様子を明らかにする狙いがあっての企画として評価できる。それだけに読みごたえもあって考えさせられる内容だ

▼2月13日の新聞に最も知りたかったことを記事にしてくれた。「人口微増も世帯数大幅増」は架橋後の島の人口動態に大きな変化が起こっていることを示唆する。国全体が高齢化する中で離島・僻地の少子高齢化は極端になりつつあるのが現状だ

▼島での人口微増は本土出身の高齢者によるIターンや観光産業に関連する事業で一時的に転入してくる人たちの世帯増の結果とみるべきだろう。人口再生産を期待できない世帯である。転出について記事は触れていないがひとたび島を出た若い世代のUターンの例は知られていない。島の人口の自然増加が激減し学校が廃校となるのも架橋とは関係なく若い世代の少ない離島ゆえの現象だと思える

▼架橋によって車での移動が確保されたことは救急医療や治安体制の改善となり社会的便益をもたらし、車での移動を日常にする住民にとっては島外での買い物や娯楽を楽しむ契機となっている

▼一方で「どこにも行けない、行かない」移動困難な高齢者にとってはどうだろうか。シリーズは架橋による利点を強調しているが往年の海上交通とは異なる交通様式に違和感がないとは言えないだろう。急激な生活再編に対応できるかどうかで住民の二極化が起きていると言えなくもない

▼このシリーズは13日で終わりのようだが、さらなる企画を期待する。(凡)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!