10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
教育・文化
2020年2月16日(日)8:55

俳句かるた大会で歓声/伝統の遊びで俳句に親しむ

グループに分かれて絵札を取り合った子どもたち=15日、ゆいみなぁ

グループに分かれて絵札を取り合った子どもたち=15日、ゆいみなぁ

 宮古島ジュニア俳句育成会(伊志嶺亮会長)は15日、市働く女性の家(ゆいみなぁ)で「俳句かるた大会」を開いた。参加者たちは日本の伝統の遊び、かるたを楽しみながら、十七音の短い詩の形である俳句に親しんだ。

 3グループに分かれた子どもたちは、読み手が読み上げる声に耳をすませて、勢いよく手を伸ばして絵札を取り合い歓声を上げた。

 同育成会の池田俊男事務局長は「俳句の持つ表現の仕方やリズムを身に付けてもらえれば」と開催の意義を強調した。

 小1~3年の部は下地ひみのさん(南小2)、小4~5年の部は池間夏希さん(平良第一小5年)、小6~中学生の部は伊波きよらさん(城辺小6年)の3人がそれぞれ1位になった。

 3人には同大会の後援者、角川文化振興財団から「ディズニー俳句かるた」が贈られた。

 俳句かるた大会は、同日カママ嶺公園で行われた吟行会終了後に行われた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!