10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
教育・文化
2020年2月16日(日)8:56

感謝胸にけいこの成果/琉舞研究所「子ども芸能」

幸せかみしめ舞い披露


各年代の子供たちが優雅な舞いを披露した=15日、市未来創造センター

各年代の子供たちが優雅な舞いを披露した=15日、市未来創造センター

 「第1回琉舞子ども芸能~わらべ舞い遊び~」(主催・玉城琉敏風会池間美代子琉舞研究所)が15日、市未来創造センターで行われ、同研究所で舞踊を学ぶ子供たちが、指導する先生や保護者らに対する感謝の思いを胸に、これまでの練習の成果を披露した。

 今回の公演に対して、同研究所子ども会代表の下地麻祐梨さん(宮高3年)は「この日のためのけいこをみんなで積み重ねていく中で、仲間意識が芽生え、それぞれに輝きが出てきたと思う。父、母をはじめ多くの皆さんの前で踊る幸せをかみしめながら精いっぱい頑張りたい」とのあいさつを寄せた。

 また、師範の池間さんも「この日のために子供たちは自主的にけいこに取り組んできた。子供たちがその豊かな感性を披露するきょうの舞台を保護者の皆さんもぜひ褒めてあげてほしい」と呼び掛けた。

 公演は「かぎやで風」で幕開け。そのほかにも「春や春」「海やかりゆし」などが披露された。

 幅広い年代の子供たちがお互いを励まし合いながら、舞台で表現力豊かに舞う姿に、会場からは大きな拍手が贈られた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!