10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
イベント
2020年2月18日(火)8:55

体験ブースなど多彩に/宮古島冬まつり

ライブで宮古の冬盛り上げ


大人から子どもまで一緒になって楽しめる体験ブースもにぎわった=16日、JTAドーム宮古島

大人から子どもまで一緒になって楽しめる体験ブースもにぎわった=16日、JTAドーム宮古島

 「第2回宮古島冬まつり」(主催・ミャークラボ)が16日、JTAドーム宮古島で行われた。元THE BOOMの宮沢和史さんや宮古島出身のアーティストYAASUUさんのライブ、宮古島のB級グルメのグランプリ「第3回宮古島うまむぬ杯」の決勝、20店舗のグルメ、スイーツ、物販店による屋台村など多彩な催しが用意され、来場者たちを楽しませた。

 同まつりは入域観光客数が落ち込む2月の閑散期に、宮古島を盛り上げようと学生を中心に企画したもので、今回が2回目となる。会場にはミャークラボ学生メンバーが考案した20種類の体験アクティビティを含む約30以上のブースが設置され、来場者はさまざまな体験を楽しんだ。

 舞台イベントのオープニングを飾ったのは、平良中学校と宮古高校の吹奏楽部。その後、宮古高校書道部によるパフォーマンス、プアエナ宮古によるダンスショーも行われ、宮沢さんやYAASUUさんのライブでは盛り上がった。

 ミャークラボの代表を務める根間玄隆さんは「冬のイベントとして確立したい。子どもから大人まで一緒に楽しめる形の新しい祭り。多くのアクティビティのブースも準備し、体験して楽しみ、学べる取り組みとしたい」と話した。

 来場した君島姫菜ちゃん(4)は「紙飛行機を飛ばして遊んだり、キャビンアテンダントの制服を着て写真を撮ったりといっぱい遊べて楽しい」と笑顔で話し、母の早加さんは「初めて参加したが子供たちが遊びながら学べる良いイベントだと思う」と感想を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!