07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済 社会・全般
2011年1月10日(月)9:00

尖閣周辺漁場に調査へ

486万円予算化 3漁協の水揚げ実績受け


尖閣諸島周辺漁場で操業する第五喜翁丸=佐良浜漁港(資料写真)

尖閣諸島周辺漁場で操業する第五喜翁丸=佐良浜漁港(資料写真)

 国がこのほど、宮古の三漁協(伊良部、宮古島、池間島)から尖閣諸島周辺漁場で水揚げした魚類実績報告を受け、同周辺で漁場調査・外国船操業状況調査に乗り出す方針を固めていたことが9日までに分かった。県や三漁協の関係者らへの取材で明らかになった。調査費は予算化され、伊良部漁協が350万円、宮古島漁協136万円の計486万円。国が調査に着手するのは異例とされる。


 今年度予算であることから、2~3月に数回に分けて本格的な調査が実施される見込み。県や三漁協が全面的に協力し、漁船チャーターで実施する方針。調査を前に、水産庁は近く地元で説明会を開く予定。

 魚類水揚げ実績は、過去4年(2007~10年)が対象。関係者らによると、県内で実績があったのは宮古の三漁協だけという。

 このうち、伊良部漁協が水揚げしたウブシュウ(和名スマ)やキハダマグロ、カツオなどの実績は、計約68㌧、金額にして約3400万円。漁船延べ31隻が出漁し、操業総日数は258日。1隻当たりの操業日数は8・3日。1隻当たりの水揚げ高は約109万円。

 年別の出漁隻数は、07年が10隻、08年8隻、09年7隻、10年6隻。10年は日本・中国・台湾の尖閣諸島の領有権問題などが要因で、出漁隻数は減少した。

 尖閣諸島は、魚釣島、久場島(別名黄尾嶼など)、大正島(別名赤尾嶼など)、北小島、南小島の5島と3岩礁の総称。佐良浜の方言では「ウコン」と総称している。伊良部島北西約163㌔に位置している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!