09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年2月20日(木)8:56

キックベースで交流/知的障がい者

仲間とスポーツ大会満喫


力強くボールを蹴り上げる参加者たちが大会を盛り上げた=19日、JTAドーム宮古島

力強くボールを蹴り上げる参加者たちが大会を盛り上げた=19日、JTAドーム宮古島

 「支えあい、助け合おうよ宮古の仲間たち!」をスローガンに2019年度宮古地区知的障がい者スポーツ大会(主催・県、宮古地区手をつなぐ育成会など)が19日、JTAドーム宮古島で開催された。今回は3施設から約200人の選手と保護者、関係者、ボランティアが参加し、キックベースボールで笑顔の交流を楽しんだ。

 開会式で、同育成会の松川英世理事長は「この大会は20年以上続く歴史ある大会。競技を通して互いに交流を深めながら楽しい時間を過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 来賓あいさつで、長濱政治副市長は「令和になってから初めての大会なので、寒さを吹き飛ばしながら元気にプレーして楽しい大会にしてほしい」と話した。

 選手宣誓では、各チームの代表が「この大会を楽しみにしていた。チームの力を合わせて優勝目指して頑張りたい」と力強く意気込みを示した。

 今大会は、当初4施設の参加が予定されていたが新型コロナウイルスの影響を受けて、1施設が参加を取りやめている。

 キックベースボール競技は、1試合4イニング制の制限時間40分で行われた。参加者たちはドームの屋根めがけて力強くボールを蹴り上げると、会場全体に歓声と応援の声が響いた。

 Aグラウンドの1位は「あけぼの学園」。Bグラウンドの1位は「地域活動支援センターあだん」となった。

 このスポーツ大会は、知的障がい者相互の親睦を図りつつ、障がい者の自立と社会参加を促進することが狙い。地域社会における障がい者福祉に対する理解の広がりも兼ねている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!