10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
スポーツ 観光関係
2020年2月24日(月)9:00

自然を満喫し快走/伊良部島マラソン

最長21㌔は下里、谷中初V
5コース1098人完走

 

一斉にスタートを切るA、B、C、D、Eコースの選手ら=23日、伊良部の平成の森公園

一斉にスタートを切るA、B、C、D、Eコースの選手ら=23日、伊良部の平成の森公園

第21回ロマン海道・伊良部島マラソン(主催・伊良部地区地域づくり協議会)は23日、伊良部の平成の森公園を発着点に行われた。5コースに計1126人が出場し、マイペースで走りながら島の自然を満喫。最長のAコース(21・1㌔)は下里和也(37)=宮古島市=が、同コース女子の部では谷中千華(21)=兵庫県=がそれぞれ初優勝を飾った。完走者は1098人で、完走率は97・51%だった。

 

 同大会は、伊良部島と下地島の自然を満喫しながら楽しく走ることにより、健康の増進を図り、併せて地域活性化の推進に寄与することを目的に開催されている。

開会式で同大会の比嘉臣雄実行委員長は「多くのランナーが大会を通じて互いの交流を深め、思い出深い大会になることを祈念する」とあいさつした。

各コースとも午前9時30分に号砲が鳴らされ、5部門の選手が一斉にスタートした。この日の天気は曇りで、気温は20・3度(午前9時)とまずまずのコンディションだった。

最長のAコースには360人が出場。下地島を一周した後、伊良部島の白鳥岬を折り返して平成の森公園に向かった。後半はアップダウンが多くなり、選手たちは上り坂に苦しそうな表情を見せていた。

Eコース(1・6㌔)には、家族連れなど151人が参加した。親子で手をつないだり、赤ちゃんをベビーカーに乗せたりしながら、それぞれのペースでゴールを目指した。

沿道からは地域住民らが温かい声援を送った。エイドステーションでは、ボランティアが飲み物を手渡して選手の力走を支えた。

参加者には、伊良部の特産品「うずまきパン」と「なまり節」が配布された。子供たちは早速パンを頬張り、笑顔を見せていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!