09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年2月27日(木)8:57

豚熱、県内6例目が発生

うるま市の養豚場、殺処分へ

 【那覇支社】県は25日夜、県内6例目となる豚熱(CSF)感染が、うるま市の養豚場で確認されたと発表した。玉城デニー知事は、26日午前0時から県特定家畜伝染病防疫対策本部会議を県庁で開催して対応を協議した。25日に感染が確認された養豚場で飼養している豚は1039頭で、県は26日から殺処分などの防疫措置を開始した。

 県によると、同養豚場は5例目が見つかった場所から約700㍍の距離。これまで感染が発生していた養豚場の移動制限区域内(半径3㌔㍍)での清浄性確認検査を行うため24日、家畜防疫員が立ち入って採血したところ、遺伝子検査で「陽性」と判断された。25日に実施した臓器での遺伝子検査でも「陽性」となり、CSFと確定した。

 CSFは、うるま市で1月8日に県内33年ぶりとなる発生が確認され、これまで5例8養豚場の1万903頭が殺処分されていた。5例目の発生は2月2日。県は27日にも搬出制限区域(半径10㌔㍍)を撤廃する方針だったが、今回の発生で延期となった。

 政府は19日、県が策定したワクチン接種計画を承認しており、県は沖縄本島で飼育されている約20万頭にワクチン接種を実施する方針。

 流通への影響について、長嶺豊農林水産部長は26日の県議会(新里米吉議長)一般質問で、「1月の県内と畜頭数は前年比1割減となっている。搬出制限区域内の豚は検査に基づいて出荷を認めており、今後徐々に回復すると見込んでいる」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!