10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
政治・行政
2020年3月4日(水)8:58

補正予算案を可決/GCF活用状況も確認

市議会総務財政委


19年度一般会計補正予算案を可決した総務財政委員会=3日、市役所平良庁舎

19年度一般会計補正予算案を可決した総務財政委員会=3日、市役所平良庁舎

 開会中の市議会3月定例会は3日、各常任委員会を開き、市当局提出の2019年度一般会計補正予算案を審査し、可決した。総務財政委員会(上地廣敏委員長)では、環境保全啓発活動のために、ガバメントクラウドファンディング(GCF)を活用して集めた資金が目標額の90%超えとなる190万円に達したとする報告があった。

 市は、エコアイランド宮古島の周知と環境保全活動の啓発を狙いにGCFを活用している。ここで資金を集めて観光客に配るエコパスポートを作成する。

 エコパスポートには、市のエコアイランド宣言や自然環境に配慮したマナーなど、エコの島での過ごし方を記載。環境保全の取り組みを観光客が一目見て分かる内容に仕上げる。2万部を作成する予定だ。

 GCFの目標額は201万円。ネット上で募る寄付は一口3000円から30万円まで6通りあり、期間は3月13日まで。これを上回る金額が集まれば、エコパスポート作成以外の事業も追加して実施する。

 総務財政委員会では、補正予算案の繰越明許費補正に関連費360万円が計上されていることから、複数の委員が質問した。

 これに当局は「二つの目標金額があり、一つは201万円、もう一つは300万円がある。計上した360万円は上限額」と答えるなどして理解を求めた。

 この中で、友利克企画政策部長が現在の寄付額が190万円に達していると報告し、「まず第1段階での201万円を達成して、これに見合う事業を仕込んでいきたい」と述べた。

 同委員会ではこのほか、所管する歳入、歳出それぞれの補正予算案を審査。20年度再生可能エネルギー運営事業特別会計予算案なども含めて可決した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!