10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2020年3月4日(水)8:59

食事提供を毎日実施/子ども食堂みゃーくがに

学校休校で緊急対策


正午から2時間は毎日、子どもに無料の食事が提供されている=2日、平良西仲宗根の子ども食堂「みゃーくがに」

正午から2時間は毎日、子どもに無料の食事が提供されている=2日、平良西仲宗根の子ども食堂「みゃーくがに」

 島内で唯一の民間企業が運営している子ども食堂「みゃーくがに」(ビザライ、勝連聖史代表)は小中学校の臨時休業(休校)の影響を踏まえて、3日から毎日運営を行っている。同社では「緊急対策として毎日開けることにした。給食がなくなることでの食事の提供がメイン。子供の居場所として活用してもらえれば」と話した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、宮古地区の小中学校は3日から臨時休校に入った。学校が休みとなることで保護者からは「安全のことを考えたら仕方ない」という声があった反面、共働き夫婦からは「急すぎる」「子どもの面倒を見る人がいない」などと不安の声もあった。

 そういった現状を踏まえて、同社ではこれまで土曜日と日曜日だけ運営していた子ども食堂を、学校が休校することで困ってる人たちへの緊急対策として3日から毎日運営している。時間は午前10時から午後5時まで。同社によると子ども食堂の利用は多い時で20~30人ほどだという。

 食事の提供は正午から午後2時までで、子供は基本無料。働いている大人は200円となっている。提供している食事の材料は地域からの支援などで賄われており、調理は同社のスタッフが行っている。食事は持ち帰りも可能だがその際には容器持参が必要。

 同社では「地域の人たちから支援を頂いているので、こういった状況の時に地域にお返しができればと考えている。預け先がなくて困っている人たちが助かってくれれば。プログラミング教室もやっているので興味のある子供たちには遊びに来てほしい。子供の居場所として活用してもらえれば」と話した。

 連絡先は子ども食堂「みゃーくがに」(電話79・0983)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!