09/29
2022
Thu
旧暦:9月4日 赤口 乙 
産業・経済
2020年3月5日(木)8:56

ヤギ大型化へ、認識共有/畜産研究セが検証報告

飼養管理勉強会


ヤギ大型化の重要性について認識を深める参加者=4日、JAおきなわ宮古家畜市場

ヤギ大型化の重要性について認識を深める参加者=4日、JAおきなわ宮古家畜市場

 ヤギの飼養管理勉強会が4日、JAおきなわ宮古家畜市場であり、個体を大型化する交配方法について参加者が認識を共有した。この中で県畜産研究センターは、ニュージーランドから導入した純血個体の精液の活用と交配を推奨。ボア種を絡め、体のフレームが大きくて肉付きの良いヤギの生産を呼び掛けた。

 勉強会は県宮古家畜保健衛生所が開いた。山羊生産流通組合の組合員ら飼養者が参加し、県畜産研究センターの守川信夫さん、大竹里佳さんの話を聞いた。

 守川さんは、ニュージーランドから導入した純血ヤギの活用方法について「発育の良いザーネンとかボアの血の流れをくむ個体に純血を掛ける」と提案。そうして体のフレームの良い雌のヤギをつくり、「それに肉付きが良いボアを掛ければ枝肉の歩留まりが良くなるという想定がある。そういう使い方をしてもらえたらどうか」と話した。

 このほか、凍結ではなく液状精液の調整方法についても紹介した。ヤギ用の希釈液は多くの化学物質を調合しなければならないことから、調合済みの豚用希釈液を応用する検証を進めているという。液状精液による分娩(ぶんべん)の結果は、後に飼養者向けに報告する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!