10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
政治・行政
2020年3月13日(金)8:58

候補者の選考委設置へ/県議選

与党市議団 棚原氏辞退受け


会合後、報道各社のインタビューに答える市議会与党議員団の佐久本会長=12日、平良西里の自民党宮古支部

会合後、報道各社のインタビューに答える市議会与党議員団の佐久本会長=12日、平良西里の自民党宮古支部

 市議会与党議員団(佐久本洋介会長)は12日、自民党宮古支部で会合を開き、県議選(5月29日告示、6月7日投開票)宮古島市区への候補者を選定する選考委員会を立ち上げる方向でまとまった。13日にも西銘恒三郎衆院議員を交えて協議し、正式決定する。選考委のメンバーは与党市議全員と、経済界など各団体の代表らで構成する考え。佐久本会長は「何回も選考委を開くというのは時間的にも厳しい。2、3回で(候補者が)決められれば」と述べた。

 選考委設置は、宮古島市区から立候補を予定していた棚原芳樹氏が、体調不良を理由に立候補を辞退することを受けたもの。

 一部市民から「市議だけで立候補者を決めて良いのか」という声も踏まえた判断だという。
 会合終了後、会見した佐久本会長は「(与党議員団からも)『幅広い人材を求めるべきだ』という声が大半だった」と述べた。

 人選作業については「今月いっぱいというより、一日でも早くということだが、いつごろというような確約はできない」とし、「(会合では)どういった人物を選ぶという方針や、具体的な候補者の名前も出なかった」と述べた。

 保守系では、現職の座喜味一幸氏が立候補の意向を固めている。

 佐久本会長は「座喜味さんとは別に候補者を立てる。(立候補を辞退した)棚原さんに代わる人選を進めていくということだ」と選考委設置の意義を強調した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!