10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2020年3月20日(金)8:56

平均糖度は14・88度/沖糖宮古搬入終了

農家手取額は2万2630円/収量は10万㌧台と厳しく


今期の原料搬入を終えた沖縄製糖宮古工場。平均糖度は15度に迫る実績を挙げたが収量は10万㌧台と厳しい結果だった=19日、下地上地

今期の原料搬入を終えた沖縄製糖宮古工場。平均糖度は15度に迫る実績を挙げたが収量は10万㌧台と厳しい結果だった=19日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場は19日午後、2019-20年産サトウキビ(原料)の搬入を終了した。累計搬入量は前年比1万4246㌧減の10万7779㌧、収量の面では想定以上に厳しい実績となった。一方で平均糖度は14・88度と高く、最後まで高品質取引が続いた。1㌧当たりの農家平均手取額は2万2630円に達し、沖糖管内のキビ総代金は24億3900万円となった。

 沖糖は今期、1月7日に原料の搬入を始めた。期間中は天候に恵まれ、収穫方法の主流となった機械刈りの原料が順調に入り、ほぼ計画通りに進んだ。

 ただ、全体的に原料が軽く、累計の搬入量は操業前に見込んだ生産量12万6000㌧とは大きくかけ離れる厳しい実績となった。

 一方品質には優れ、平均糖度は序盤から高糖度で推移した。同社の概況が示す糖度区分別構成比は基準糖度(13・1~14・3度)帯を超える原料が全体の68・78%を占めている。基準糖度帯内は26・39%、基準以下はわずか4・83%だった。

 沖縄製糖の仲里典和工場次長は「搬入、操業ともに計画通りに進んだ」と総括した。一方で「キビの見た目が良かったので当初は増産を期待したが、全体的に重量がなく、当初の見込みを大きく下回る厳しい収量になった」と振り返り「減産要因を関係機関と調査した上で来期の生産につなげていきたい」と話した。

 今期のサトウキビは、夏場にかけて順調な生育を見せ、各地で増産が見込まれていた。だが、8月に台風9号の暴風に長時間巻き込まれると、9月に接近した2度の台風で葉がちぎれる裂傷被害が発生した。

 これらの台風被害で、9月から10月上旬にかけて茎の伸長は大きく鈍化。全体の生産量や品質に与える影響が懸念されていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!