10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2020年3月21日(土)8:54

【行雲流水】(犬や鳥の鳴き声)

 「犬や鳥の鳴き声」。頭では理解できても、実際、五感に触れたことがないのでにわかに信じがたいが、動物の鳴き声は民族によって聞こえ方が異なるという

▼例えば、犬だと日本人にはワンワンと聞こえるのに、アメリカ人にはバウアウ。中国人にはワァンワァン、ベトナム人にはゴウゴウと聞こえる。斗鬼正一氏が著書「文化人類学人間探検」で、そう述べている。無論、犬の種類が違うからではない。理由は、それぞれ子供の頃、大人たちからそう教わったことに直結する

▼日本人は、犬はワンワン、猫はニャーニャーと教わったように、それぞれの文化が独自に決め、子供たちに伝えている。そして、そう教えられると、そうとしか聞こえなくなってしまうというのが、氏の基本的な理論である

▼そう言えば、以前、名護出身で芸能研究者の宜保榮治郎先生が、その類いの話に触れて、新聞紙上で次のような逸話を残している。鳥は方言で鳴くと言われ、山バトだと大和ではホロホロ、名護ではスクドゥンピーピー、うるま市辺りではトゥドゥークイクイと鳴くとのこと

▼さて宮古だが、民俗学にも詳しかった故佐渡山先生から島の山バトの鳴き声について、教わったことがある

▼平良の山バトは、ドウードゥトゥーパリンカイドウードウトゥーと鳴くらしい。パリは畑のこと。真意の程は分からないが、言葉の違いで、微妙に異なるところが面白い。(久)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!