01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
社会・全般
2020年3月25日(水)8:57

県、水際対策を強化へ/新型コロナ

サーモグラフィー検討


水際対策の強化を述べた砂川保健医療部長(左)と、感染が確認された10代学生について「個人情報を明らかにすることはあり得ない」と強調した平敷教育長=24日、県庁

水際対策の強化を述べた砂川保健医療部長(左)と、感染が確認された10代学生について「個人情報を明らかにすることはあり得ない」と強調した平敷教育長=24日、県庁

 【那覇支社】県外で新型コロナウイルスに感染した罹患(りかん)者が県内に流入する事例の確認が続いたことを受け24日、玉城デニー知事は県庁での危機管理対策本部会議で「航空会社が搭乗前の体調チェックを行うなど、政府や関係者に緊急に要請を行うことを検討している」と述べ、水際対策を強化する方針を示した。

 砂川靖保健医療部長は、同会議後の記者会見で「(会議の場では)特に宮古、八重山、久米島などの医療体制は沖縄本島に比べると脆弱(ぜいじゃく)なので、早急な措置が必要だと申し上げた」と強調した。

 その上で、「(県内の)到着地だけでなく、出発地でもサーモグラフィーの設置が必要だという意見も出た。緊急事態なので、やろうという状況」と述べた。

 このほか、会議後の記者会見には平敷昭人教育長も出席。スペインから帰国して感染が確認された10代女性(高校生以下の学生)について、県教委に女性が通学する学校名や氏名を教えるよう求め、女性に危害を加えるかのような脅迫とも取れる電話が3件入っていることを明らかにした。

 平敷教育長は「県や県教委が感染者の個人情報を明らかにすることはあり得ない。今回の事案については、県警に情報提供を行った。このような、脅迫めいたことは、決してあってはならないと考えている。県民・国民の理解をお願いしたい」と強調した。

 同日の会見では、10代女性について、24日に判明した検査結果では「陰性」になったことも明らかにされた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!