10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2020年3月26日(木)8:58

第2滑走路、きょう始動/那覇空港

処理容量1・8倍に


26日に供用開始となる那覇空港第2滑走路(写真提供・沖縄総合事務局)

26日に供用開始となる那覇空港第2滑走路(写真提供・沖縄総合事務局)

 【那覇支社】那覇空港の第2滑走路が26日、供用が開始される。内閣府沖縄総合事務局によると、供用開始で那覇空港の滑走路処理容量は24万回となり、現在の1・8倍に拡大する。同滑走路の長さは2700㍍で、総事業費は約2074億円。2014年1月に工事を開始していた。

 これまで、那覇空港が安定的に処理できた滑走路処理能力は13・5万回。これに対し、那覇空港の発着数は好調を続けてきた観光を背景に05年の11・4万回から18年には16・4万回まで大幅に伸びていた。

 そのため、航空機の発着が多い時間帯には、出発時に飛行機が滑走路で待つ時間が長くなったり、到着時にも上空で旋回することが多くなったりする事案もあった。

 第2滑走路の供用開始で、混雑の緩和などが期待される。一方、内外での新型コロナウイルス感染拡大により、昨年3月には1週間に232便あった同空港の国際線が日にはゼロとなるなど、多難な時期の船出ともなった。

 新垣健一県文化観光スポーツ部長は25日、「第2滑走の供用で、那覇空港の処理能力がかなり高まる。新型コロナウイルスの終息期を見据え、国内外にプロモーションをかけ、観光面でも多いに活用していきたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!