01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
社会・全般
2020年3月27日(金)8:56

宮古からの支援金を贈呈/宮古毎日新聞社

首里城再建、那覇市に76万円


城間市長(右)に支援金の目録を手渡した伊志嶺社長(中央)と真栄城専務=26日、那覇市役所

城間市長(右)に支援金の目録を手渡した伊志嶺社長(中央)と真栄城専務=26日、那覇市役所

 【那覇支社】宮古毎日新聞社の伊志嶺幹夫社長と真栄城徳泰専務は26日、那覇市役所に城間幹子市長を訪ね、昨年10月に火災で焼失した首里城の再建に向けた支援金として49個人、10団体から託された67万4781円と、役職員から募った9万4000円、合計76万8781円の目録を手渡した。

 伊志嶺社長は「首里城の焼失は、宮古島市民も大変なショックを受けている。宮古でも、ほとんどの方が一度は訪れて見学しているので、われわれにとっても心のよりどころ。同じ沖縄県民として、首里城が焼失したことは大変残念なことだった」と述べた。

 その上で、「昨年11月8日から募金を始めた。多くの市民、県の退職職員や肉用牛の団体、宮古民謡保存協会や、弊社の役職員から募金が集まった。首里城再建に役立てていただければ、宮古島の市民も喜ぶと思います」と語った。

 城間市長は「首里城は本当に県民の心のよりどころ。火災の翌日に現場に行ったが、残念でならない。ただ、ウチナーンチュが下ばかり見ないで、顔を上げて前に動くことができたのは、皆様方のような支援金や声をいただいたから。励まされて、ここまで来ることができた」と述べた。

 また、「再建に向けて頑張っていくことをお約束する。正殿などが再建できた際は、ぜひ宮古の皆さんも見に来てほしい。再建の途中も公開されるので、ご覧になっていただければ」と謝辞を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!