10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2020年3月29日(日)8:59

無料避妊去勢手術 犬猫387匹に実施/セーブ・ザ・アニマルズ

費用190万円、寄付で賄う/来月以降は1匹1000円に


飼い犬、飼い猫の去勢、避妊手術費を4月以降は一律1000円で実施する取り組みを展開する宮古島セーブ・ザ・アニマルズ代表の中原さん=27日、上野宮国

飼い犬、飼い猫の去勢、避妊手術費を4月以降は一律1000円で実施する取り組みを展開する宮古島セーブ・ザ・アニマルズ代表の中原さん=27日、上野宮国

 宮古島で犬猫を飼っている人を対象に飼い犬や飼い猫の避妊、去勢手術を全額負担するプロジェクトを展開している宮古島セーブ・ザ・アニマルズ(旧宮古島アニマルレスキューチーム)はこのほど、昨年4月~今年2月までの11カ月間における実績をまとめた。それによると、実施件数は387匹で、費用は190万3000円。手術費は全国から寄せられた寄付金で賄われてきたが、今年4月からは犬猫(雄雌)とも1匹1000円で実施するとしている。

 手術を実施した387匹のうち、飼い主からの依頼が236匹。内訳は、飼い犬で33匹(雄16匹、雌17匹)。猫は飼い猫と野良猫を合わせて203匹(雄81匹、雌122匹)。

 それ以外は、同施設が保健所から引き受けた犬猫と、直接保護した犬猫となっている。

 これまでの費用負担ゼロから1000円とすることについて、同団体では「全国でも同じような課題を抱える地域がある中で、島外からの寄付金だけに頼るのではなく、島の問題は島で解決する努力も必要との観点から今回の措置となった」としている。

 代表を務める中原絵梨奈さんは「この取り組みをこれからも継続していくためと、さらに多くの犬猫に手術を受けてほしいとの思いから方法を変えることにした」と説明した。

 変更点については、一部負担のほかに、手術日が限定的になり、手術を受ける場所が同施設のシェルター内となる。

 手術については、このプロジェクトに賛同した島外の獣医が来島して実施することから、日程が限定的となる(月に1度程度)。

 実施日等については、事前にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やその他の方法で告知するとしている。

 獣医の来島に合わせて実施することから完全予約制で、猫の場合は手術済みの印となる耳のV字カットが必須となっている。

 県宮古保健所管内における犬の捕獲・保護数は以前年間100~200匹台で推移してきたが、2014年度と15年度は300匹台に増加。15年度の殺処分数は325匹となり、これは東京都の1年間の処分件数を上回っていた。

 こうした状況の中、中原さんたちボランティアが捕獲保護された犬猫を島内外に譲渡する運動が年々充実し、殺処分件数は大幅に減少した。

 しかし、保護頭数は、現在も高い数値で推移し続けており、中原さんは「殺処分は減っても持ち込まれる数は変わらない。大切な命のために飼い主がもっと自覚を持って犬猫と向き合ってほしい」と適正飼育を呼び掛けた。

 手術についての問い合わせは、宮古島セーブ・ザ・アニマルズ(電話090・9789・4097)。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!