10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2020年3月29日(日)8:57

あすで開業1周年/下地島空港ターミナル

あす開業1周年を迎えるみやこ下地島空港ターミナル=28日、下地島空港

あす開業1周年を迎えるみやこ下地島空港ターミナル=28日、下地島空港

 みやこ下地島空港ターミナルが30日、開業1周年を迎える。この間、定期便のほか複数のチャーター便が就航して国内外から多くの観光客が来島。宮古島の観光振興の一翼を担った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で1周年イベントの開催は見送ったが、30日にこの1年を振り返るプレスリリースを発信する。

 同ターミナルは2019年3月30日に開業。同日にジェットスター・ジャパンの成田-下地島が定期路線として就航している。

 7月には同社の定期2路線目となる関西-下地島が就航。さらに香港エクスプレスが初の国際定期便となる香港-下地島を就航させている。

 このほかにも、韓国の大韓航空や台湾のマンダリン航空、フジドリームエアラインズ(FDA)、ソラシドエアがチャーター便を就航させ、韓国、台湾、中部国際空港からそれぞれ多くの観光客を送客して宮古島の観光振興に貢献した。

 同ターミナルを運営する下地島エアポートマネジメントは当初、開業1周年を記念するイベントの開催を予定していたが、新型コロナの影響で中止に。この1年の歩みや、ターミナル利用者数などは30日のプレスリリースで発信する。

 同社の伴野賢太郎社長は1年を振り返り、利用客や定期便・チャーター便の運航に尽力した関係者に「心より御礼申し上げたい」と感謝した。その上で、「今後もこれまで以上に行政や企業、事業者の皆さんと連携を深め、地元の経済活性に貢献したい」とした。

 新型コロナ終息後は「改めてイベント開催を企画して明るいニュースを届けていきたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!