10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
産業・経済
2020年3月31日(火)8:58

「世界水準の拠点空港に」/那覇空港

第2滑走路完成祝う


那覇空港第2滑走路供用開始を記念してテープカットする関係者ら=29日、那覇空港貨物地区

那覇空港第2滑走路供用開始を記念してテープカットする関係者ら=29日、那覇空港貨物地区

 【那覇支社】内閣府沖縄総合事務局などは29日、那覇空港で第2滑走路供用開始のセレモニーを開催した。菅義偉官房長官や赤羽一嘉国土交通相、衛藤晟一沖縄担当相をはじめ、玉城デニー知事や下地敏彦市長を含む県内の政財界関係者ら約100人が出席し、第2滑走路の供用開始を祝った。玉城知事は「世界水準の拠点空港を目指す」と決意を新たにした。

 菅官房長官は「安倍政権発足直後、当時の仲井眞(弘多)知事から事業化してほしいと強い要望があった。7年数カ月の工期を5年10カ月で(工期を短縮して)供用を開始するところまで来た。非常に感慨深い」と振り返った。

 また、外国人観光客について「政府のインバウンド政策により、全国平均で4倍、沖縄は8倍に増えた。まさに第2滑走路は、これから沖縄の発展を考える時に大きな役割を果たしてくれる」と期待の言葉を述べた。

 玉城知事は「空港の処理能力が大幅に向上することから、アジアのダイナミズムを取り込む玄関口として、沖縄はもとより、わが国にとっても重要な拠点空港になる」と強調。その上で、「さらなる安全性の確保と利便性の向上に努め、世界水準の拠点空港を目指す」と決意を述べた。

 式典終了後、下地市長は宮古毎日新聞の取材に対し「予定通りに供用を開始することができて非常に良かった。第2滑走路を使って海外からの観光客が増えれば、連動して宮古島にも、もっと観光客が増える」と期待を込めた。

 式典は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、参加人数を減らし、時間を短縮して実施された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!