10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年3月31日(火)8:56

地下ダム使用料を従量制に/土地改良区総代会

4月から実施、徴収方法可決


新年度の事業計画案と予算案を認めた土地改良区総代会=30日、JAおきなわ宮古地区本部

新年度の事業計画案と予算案を認めた土地改良区総代会=30日、JAおきなわ宮古地区本部

 地下ダムなどの農業水利施設を管理する宮古土地改良区(理事長・下地敏彦市長)は30日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで第31回通常総代会を開いた。4月から賦課金(地下ダムの水の使用料)が従量制に移行することを踏まえ、徴収方法に「使用水量」を追加する議案を可決した。賦課金は地積割を10㌃当たり年間2000円とし、これに基本水量260㌧(10㌃当たり)を超えた場合の「使用水量」として1㌧当たり15円が加算される。総代会では、新年度の事業計画案や予算案なども承認した。

 現行の賦課金は、水使用の有無にかかわらず発生する地積割の年間2000円だが、4月から使用水量に応じて変動する従量制も導入する。昨年3月の総代会で認められている。

 これを受けて今年度の総代会では、賦課金の徴収方法を審議。賦課の基準や内容、徴収の方法や時期などを定めた議案を認めた。

 従量制への移行に関し下地理事長は「農業用水の安定供給はもとより、適正利用をより一層定着させ、水あり農業で潤う宮古島の農業発展に尽力したい」などと話して理解を求めた。

 総代会ではこのほか、2018年度一般会計と特別会計の決算など承認案3件と、20年度事業計画案と予算案を審議。それぞれ挙手による採決で認めた。

 新年度に実施する事業は継続6件。水利施設の長寿命化を図る補修、更新や宮古伊良部農業水利事業地下水観測業務などを行う。予算は前年度比440万円増の3億3000万円。

 この日の総代会は、新型コロナウイルス感染防止対策として書面議決方式を採用。一部の総代は会議に出席せず、書面で執行部提出議案への賛否を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!