10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
産業・経済
2020年4月3日(金)8:56

防波堤、今年度完成へ/池間漁港

大量のブロック設置


消波ブック1800個余りが設置された第2防波堤(手前)=池間漁港(写真提供・極東建設)

消波ブック1800個余りが設置された第2防波堤(手前)=池間漁港(写真提供・極東建設)

 県が2019年度に発注した池間漁港第2防波堤改良工事(2工区)がこのほど完了し、今年度に残り一部を整備して完成させる。

 今回の工事では消波ブロック(テトラポット)1878個を投入し、長さ約160㍍の既設の防波堤をU字形に抱くようにして整備したのが大きな特徴だ。高く頑丈な防波堤により、今後の台風時には港内の波が軽減され、船舶の安全係留が確保される。

 既設のコンクリート防波堤は1982年に築造された。今年で築38年目。長さ約160㍍、高さ4・37~6・0㍍、幅3・5~4・2㍍。強い台風時には波が防波堤を越え、船舶の係留に悪影響を与えていた。

 県は防波堤の役割を重視。昨年5月にコンクリート改良工事に着手した。沖合から見て漁港の出入口の右側が工事現場。

 改良された防波堤は長さ約160㍍、高さ6・1~6・6㍍、幅3・3~4・0㍍。

 防波堤外側には大中小の消波ブロック計1878個を設置した。内訳は、10㌧が193個、5㌧は862個、4㌧は823個。19年度の事業費は約2億1300万円。

 工事担当の宮古農林水産振興センター漁港水産班では「港内はこれからの台風時でも静かで穏やかな海域となり、船舶の安全係留が可能となる」とメリットを説明する。

 池間漁業協同組合に所属する「第二十六池間丸」(4・5㌧)の勝連浩佳船長は「第2防波堤改良工事により、海上がしけの時でも安心・安全で漁船が係留できるようになった」と感想を話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!