10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2020年4月10日(金)8:57

サーモグラフィー 那覇空港に2台設置/県、宮古空港「早期に」


新型コロナの感染拡大を防止するため、サーモグラフィーが設置された=9日、那覇空港

新型コロナの感染拡大を防止するため、サーモグラフィーが設置された=9日、那覇空港

 【那覇支社】県は9日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため那覇空港にサーモグラフィーカメラ2台を設置した。職員がモニターを確認し、表面体温が高い到着客にはチラシを配布して、体調不良を感じた際は最寄りの保健所に相談するよう呼び掛けた。宮古空港への設置は「できるだけ早く設置できるよう調整中」(県空港課)としている。

 設置を担当する企画部交通政策課の大嶺寛副参事は、「この設置で、一人一人が感染拡大の防止、自己の健康管理について意識すれば感染拡大防止につながる」と説明した。

 設置に伴い、国内線到着口のA、B出口に職員2人ずつを配置し、午前8時半から最終便が到着する午後11時まで交代制で対応。設置は6月30日までの予定で、今後は委託業者を選定し業務を委託するという。

 配布チラシでは、「体調に不安を感じる方は、症状や状況に応じた対応をお願いする」と感染拡大の防止に理解と協力を呼び掛けている。

 風邪の症状や、▽37・5度以上の発熱が4日以上(高齢者、妊婦、糖尿病など基礎疾患がある人などは2日程度)続く人▽発熱はないが、強いだるさや息苦しさがある人-には最寄りの保健所への相談を勧めている。

 那覇空港に設置したカメラでは、表面体温37・5度以上の人が分かるよう設定されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!