10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2020年4月11日(土)8:59

宮古空港 サーモグラフィー設置/県外便客の体温観察

新型コロナ侵入防止対策で/県空港課


サーモグラフィーで利用客の体温観察をする県職員=10日、宮古空港

サーモグラフィーで利用客の体温観察をする県職員=10日、宮古空港

 県は10日、新型コロナウイルスの侵入防止対策で前日の那覇空港に続いて、宮古空港と新石垣空港に体温を測定するサーモグラフィーカメラを設置した。宮古空港では県空港課の職員が到着ロビーにカメラを設置、東京からの便の利用者の体温をチェックした。県は空港での体温測定を6月末まで行うとしている。


 10日は午後2時過ぎ到着の東京からの直行便利用者を対象に体温測定した。この便には27人が乗っていたが、体温の高い利用者はいなかった。この日も空港は閑散としていたが、サーモグラフィーカメラが設置されると、別の利用者や空港関係者らが体温測定を不安そうに遠巻きに見ていた。県は当面、県外からの直行便を中心に対応する。

 県は入域客に対して表面体温の測定を行い、基準値以上の体温が測定された人には相談窓口である保健所の連絡先や体調不良時の対応などが記されたチラシを配布して、意識の啓発、注意喚起を行うとしている。

 県空港課の担当者は「乗客に自己の健康に対する意識を高めてもらい必要な時に必要な医療を速やかに受けられるようにすることと、他の人に感染をさせないように意識を高めてもらうことを目的に設置している。県もこういうことは初めてで、試行的に進めているが、取り急ぎ今は県外からの直行便を中心に体温観察をしている。来週以降に本格実施していく」と説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!