10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年4月11日(土)8:55

小児医療維持に理解を/宮古病院

受診は午後10時までに

 県立宮古病院(本永英治院長)は10日、病院内で会見を開き、小児の深夜受診をできるだけ控えるよう広く市民に理解と協力を呼び掛けた。具体的には午後10時までの受診や電話相談の利用を求めている。不足する小児科医に健康問題が生じると、小児医療にとどまらず、分娩(ぶんべん)など周産期医療にも影響が出かねないとしている。

 説明によると、小児科医の定数は6人だが、現状は4人で対応している。2年前まで7人体制だったが昨年5人となり、今年さらに1人減っている。医師の疲労の蓄積に伴う健康への悪影響が懸念されている。

 病院は、こういった現状の中で小児医療を維持していくために会見の中で協力を求めた。小児科の急患は熱や鼻水などの一次急性疾患が多いという。熱が出ていても深夜に心配になってから病院を受診する事例がみられることも指摘。本永院長は「突然熱が出たとしても小児の場合は風邪がほとんど。前もって熱がある場合は午後10時までには来てほしい。また、夜間、深夜の場合は熱冷ましで様子を見るとか、電話相談窓口の利用を」と呼び掛けた。

 その上で、発熱など軽症の場合は午後10時までに受診するか、翌日に診療を受けるよう求めた。ただ、呼吸困難やぜんそく、顔色不良、高熱、けいれん、意識障害などの重症患者の場合は何時でも対応する。夜間や深夜に無料で利用できる小児電話相談窓口「♯8000」の活用も勧めた。

 会見で小児科医の武富博寿さんは「お母さんの心配も分かるので、判断がつかない場合は♯8000に電話してもらうとか、宮古病院のホームページにこういう場合は(受診に)来た方が良いとか、待っても大丈夫とか詳しく紹介されているので、こういうものを利用してほしい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!