10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2020年4月14日(火)8:54

【行雲流水】(宮古島のミサイル基地)


 東京新聞の「こちら特報部」欄に宮古島の陸上自衛隊ミサイル部隊配備問題について、次のような記事が3月30日、掲載されている

▼陸上自衛隊宮古島駐屯地(沖縄県宮古島市)に3月26日、地対空、地対艦ミサイル部隊が配備された。防衛省は南西諸島の防衛力強化の一環と主張する一方、有事の際に島には逃げ場がなく、住民らによる反対運動が続いている。75年前の沖縄戦で宮古島は食料供給が途絶え、「飢餓の島」と化した。島内から「またも住民は見捨てられるのか」と怒りの声が上がる。(片山夏子)

▼保良地区の弾薬庫の問題については、地域の反対運動を紹介した上で、専門家の見解をのべている。軍事評論家の小西誠氏は「有事の際はもちろん、平時でも火災の危険はあり、生活圏の近くに置くのはおかしい」と主張している

▼軍事ジャーナリストの前田哲男氏によれば、「宮古島を含む九州南端から台湾にかけての南西諸島は、有事の際は中国の侵攻を阻止する拠点になる」。米国の中国封じ込めのラインとも呼ばれている

▼4月5日の紙面では第2弾として、水の問題を取り上げている。島ではすべての水を地下水に頼っており、駐屯地の地下に空洞があり、専門家が安全性を疑問視している。また、駐屯地からの流出した油や有害物質で、水源が汚染されることが危惧されている▼

デスクは書いている。「民意はないがしろにされ、強引に工事が進んでいる。沖縄ばかりが負担を押しつけられる構図は、沖縄戦から75年たっても一向に変わらない」(空)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!