10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2020年4月17日(金)9:00

コロナで初の死亡者/玉城知事、「重く受け止める」

1週間で感染倍増


県内で初めて新型コロナウイルス感染患者が死亡したと発表する玉城デニー知事=16日正午、県庁

県内で初めて新型コロナウイルス感染患者が死亡したと発表する玉城デニー知事=16日正午、県庁

 【那覇支社】玉城デニー知事は16日正午、県庁で会見し、新型コロナウイルスに感染し入院していた70代の重症患者1人が死亡したと発表した。県内で死者が出るのは初めて。玉城知事は「医療提供体制の一層の強化など、感染症対策に全力で取り組んでいるさなかでの発生で、大変重く受け止めている」と述べた。

 玉城知事は「これ以上の感染拡大を食い止めるため、なお一層の努力が必要だ」との考えを示した。死亡した患者の居住地や性別などは、遺族の意向で発表されなかった。

 また、同日は新たに石垣市在住の20代男性(飲食業)を含め8人の感染が確認された。感染経路が不明な「孤発例」は2人。同市の男性は、13日に感染が確認された代男性の同僚という。県関係の感染確認は合計人となった。このうち、約半数の47人が孤発例という。

 玉城知事は、同日午後の会見で、「(感染者数が)わずか1週間で2倍へと増加している」と指摘。感染症指定医療機関などの病床だけでは患者を受け入れることが困難になっていることから、宿泊施設を確保し、軽症者を受け入れる運用を17日から開始することも発表した。

 軽症者の宿泊施設になるのは、那覇市久米の東横イン那覇旭橋駅前で、収容規模は50人程度を予定している。患者の移動については、病院などと調整した上で順次行うことになるとし、医療従事者3人程度が常駐することも明らかにした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!