06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2011年1月14日(金)9:00

糖度横ばいで推移/宮古、多良間工場

製糖開始から1週間


サトウキビを圧搾ラインに運ぶクレーン=13日、沖縄製糖宮古工場

サトウキビを圧搾ラインに運ぶクレーン=13日、沖縄製糖宮古工場

 宮古本島内の製糖2工場と宮古製糖多良間工場の今期操業は、7日の開始から1週間となった。雨の影響でハーベスターが畑に入れず操業を11、12日の2日間停止した沖縄製糖宮古工場は13日再開した。宮古製糖城辺工場と同多良間工場も、雨天のため原料搬入量が少なく、スロー運転を余儀なくされている。3工場の平均糖度は、操業開始から横ばいの状況。今期サトウキビの糖度は、昨年10月末に接近した台風の塩害を受け、平年と比べ低い水準で推移している。

沖糖宮古
 沖縄製糖宮古工場はハーベスター分の伝票を手刈りに切り替え、原料を確保した。今後雨の日が多く、ハーベスター分の収穫が消化できない場合は、再び停止する可能性もあるという。操業58期の中で、急きょの操業停止は初めて。13日はフル稼働し、1900㌧を圧搾した。
 13日まで5日間の原料搬入量は8134㌧。平均糖度は14・01度と初日の14・0度を0・01度上回った。基準糖度内(13・1~14・3度)が41・59%、基準以上が39・22%、基準以下が19・19%。トン当たり平均農家手取り額は基準価格の2万2291円を306円上回る2万2597円となった。
 

宮糖城辺
 宮糖城辺工場も雨の影響で原料の搬入量は少ない。圧搾能力は日量1800㌧だが、1200㌧のスロー運転で対処している。今後の天候次第で、ハーベスターの稼働が滞った場合は、操業を一時停止することもあるという。
 原料は、7日間で8434㌧搬入された。平均糖度は初日の13・40度を0・08度上回る13・48度。基準糖度帯内の原料は49・72%、基準以上が18・45%、基準以下が31・84%だった。トン当たり平均農家手取額は2万2068円。

宮糖多良間
 多良間工場も、原料搬入量が少ない。1日の圧搾能力は250㌧だが、約170㌧のスローペースで運転している。
 13日までの原料搬入量は、1100㌧。平均糖度は12・05度と初日の11・87度を0・18度上回った。基準糖度帯内が21・15%、基準以上1・50%、基準以下が77・34%。トン当たり平均農家手取額は2万410円となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!