10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
社会・全般
2020年4月30日(木)8:59

観光地、空港閑散/静まり返るGW初日 新型コロナ影響


例年ならば観光バスやレンタカーでいっぱいになる駐車場も閑散としていた=29日、東平安名崎

例年ならば観光バスやレンタカーでいっぱいになる駐車場も閑散としていた=29日、東平安名崎

 ゴールデンウイーク(GW)が29日、始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が発令された中での旅行シーズンの到来。市や県が離島への観光や帰省を自粛するよう発信しており、宮古島の空の玄関口となる宮古空港や、観光名所の東平安名崎などは閑散としていた。

 同空港は例年ならばGW期間中は観光客で出発、到着共に人であふれかえる状況となる。しかし現在の到着ロビーは、体温を測るサーモグラフィーとマスク販売所が設置されているが、観光客の姿は見られなかった。売店もほとんどが臨時休業に入っており、空港内は静まり返っていた。

 宮古空港を離発着する便は減便や運休が相次ぎ、那覇や多良間、石垣の県内を結ぶ路線のみが運航している。市の調べではGW期間中、航空機を利用する人は例年の1割にも満たないという。

 観光地の東平安名崎でも状況は同じだった。同所は都市公園百選に名を連ねる名所。通常ならば観光バスやレンタカーで埋まる駐車場も数台が止まっているだけだった。

 宮古島市の下地敏彦市長は27日に会見を開き、観光客や帰省客に来島の延期や自粛を求めている。島内の観光ホテルやマリンレジャー、飲食店なども臨時休業に入っている。また、パイナガマビーチなどの観光施設の駐車場、トイレ、シャワーなどが管理する市によって閉鎖されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!