10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2020年6月24日(水)9:00

恒久平和の実現を/不戦の誓い新たに

新型コロナで規模縮小/市戦没者追悼式・平和祈念式


献花を行う城辺地域遺族会の藤本栄一会長=23日、JTAドーム宮古島

献花を行う城辺地域遺族会の藤本栄一会長=23日、JTAドーム宮古島

 沖縄戦が終結してから75年目を迎えた「慰霊の日」の23日、宮古島市全戦没者追悼式および平和祈念式(主催・市など)がJTAドーム宮古島で挙行された。新型コロナウイルス感染症の影響により、参列者を8人に限定するなど規模を縮小。過去に例のない状況の中、戦没者のみ霊を慰めて不戦の誓いを新たにした。下地敏彦市長は「平和の尊さを後世へと伝え、恒久平和の実現に積極的に取り組む」と平和メッセージを読み上げた。

 参列者は市長、副市長、教育長、各地域遺族会の会長5人の計8人。特別招待や来賓、一般、児童生徒の参加はなしとなった。例年ならば児童生徒により作文が読み上げられるが、今年は見送られた。

 会場は「3密」を防ぐことを目的に、当初予定していた市未来創造センター多目的ホールからJTAドーム宮古島に変更された。参列者や式典関係者らも全員マスク着用で行われた。

 下地市長は式辞で「犠牲になられた3000人余の尊い命。戦火に倒れた方々、戦後の飢えや病に倒れた方々の無念さを思うと、戦争の残酷さと悲惨さが万感胸に迫り、痛恨の情を禁じ得ない」と哀悼の言葉を述べた上で、「式典を通して悲しい歴史を二度と繰り返さないという決意を新たにした。恒久平和の実現に向けてより一層努力する」と誓った。

 市戦没者遺族会の川満俊夫会長は「75年の歳月が流れ、戦争の記憶が薄れている。日本がたどった歴史を繰り返し学び、平和に思いをなすことは極めて重要」と強調し、「あの忌まわしい戦争の惨禍を繰り返してはいけない。み霊の犠牲を無にしないため、ぬくもりある社会づくりに努めたい」と決意を込めた。

 最後は式典関係者が献花を行い、式典は約30分で終了した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!