10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
政治・行政
2020年6月27日(土)8:59

補正13億円など可決し閉会/市議会 コロナ対策6億円含む


一般会計補正予算案などを可決した市議会6月定例会=26日、市議会議場

一般会計補正予算案などを可決した市議会6月定例会=26日、市議会議場

 市議会(山里雅彦議長)6月定例会は26日、最終本会議を開き、提案されていた2020年度一般会計補正予算案など17議案と意見書3件などを可決し閉会した。陳情書については2件を採択、1件を不採択、2件を継続審議とした。

 補正予算は、新型コロナウイルス感染症対策費用として計上された予備費6億円を含む13億2972万円を追加するもの。与野党から賛成と反対の意見が示された。

 上里樹氏は「6億円も使途を定めない予備費に当てることは財政民主主義の根本を揺るがす大問題だ。市議会の議決なしに市長の判断だけで支出できることは市議会軽視である。緊急事態であるならば専決処分で対応し、議会に報告すべきだ」と反対討論を行った。

 前里光健氏は「今回の補正予算は、市民の安心安全の確保に寄与するものだ。コロナ禍において緊急性が必要な場合、即座に予算を計上して対応できるやり方こそが財政民主主義に当てはまる」と賛成の立場から討論を行った。

 挙手による採決の結果、補正予算は賛成多数で可決となった。

 継続審議となっていた公営住宅の入居に保証人を不要とする条例改正等を求める陳情書は、与野党で意見が分かれた。挙手による採決の結果、賛成少数で不採択となった。

 県における通院の子供医療費助成制度の早期拡充を求める意見書は、子供への医療費助成は県外の自治体と比較して大きな格差があると指摘し、「中学校卒業までの医療費無料制度の早期の拡大拡充を実現してほしい」とした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!