09/29
2022
Thu
旧暦:9月4日 赤口 乙 
産業・経済
2020年6月30日(火)8:59

19年度は36万円の赤字/宮古食肉センター株主総会

豚熱発生などが要因


20年度事業計画などについて審議する役員ら=29日、JAおきなわ宮古地区本部

20年度事業計画などについて審議する役員ら=29日、JAおきなわ宮古地区本部

 宮古食肉センター(小禄博信社長)の第38期定時株主総会が29日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれ、2019年度の決算や20年度の事業計画案が承認された。営業報告によると、19年度は36万4000円の赤字だった。要因としてと畜事業は沖縄本島での豚熱(CSF)発生、牛は再肥育生産が無くなったことなどを上げた。

 同社は牛、豚、ヤギなどのと畜と販売の事業を展開している。19年度のと畜料は1711万円の計画に対して、実績は1271万円(計画比74・3%)だった。畜種別でみると豚は371万円の計画に対して313万円(同84・4%)、ヤギは247万円に対して196万円(同79・2%)、牛などは1093万円に対して761万円(同69・7%)だった。

 20年度の事業計画では▽経営改善に向けた取り組み▽職員の養成▽新規事業に向けた研究調査-を基本方針に据えた。このうち、経営改善に向けた取り組みとして、「と畜頭数の大きな増大は見込めないことからと畜頭数の平準化を図り、と畜経費の節減と効率化」や「牛カット委託料金の見直しなどによる収益の改善」などに取り組む考えを示した。

 一方、取締役で宮古島市の下地敏彦市長はと畜頭数の大きな増大は見込めないとの説明に、「食肉センターとしてJAに増頭や施設改修を要請していかなければ今後は厳しい状況になる」と指摘し、対応するよう強く求めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!