06/30
2022
Thu
旧暦:6月2日 先勝 甲 
産業・経済
2011年1月16日(日)9:00

宮糖城辺、粗糖を初出荷

初荷式で安全輸送祈願/初日は600㌧


宮糖城辺工場の初荷となる粗糖が船倉に流し込まれた=15日、平良港

宮糖城辺工場の初荷となる粗糖が船倉に流し込まれた=15日、平良港

 宮古製糖城辺工場は15日、2010~11年期の粗糖(原料糖)を初出荷した。初日は600㌧を出荷、伊良部工場の900㌧と合わせて計1500㌧が岡山行きの船の船倉に流し込まれた。城辺工場は今期、1万4174㌧の産糖を見込む。

 初荷式が平良港であり安村勇社長は「この製品は農家の皆さんが多くの時間をかけて作られたサトウキビから産まれた」と述べ輸送業者に陸上、海上での安全輸送に対する協力を求めた。また「出荷を契機に宮古の経済が活性化することを期待する。製糖で地域に貢献したい」と話した。

 琉球海運の翁長春雄常務は「雨、風、台風にも負けず、農家が愛情を込めて作られたサトウキビを使って工場が製品化した。この大切な製品を一粒たりとも漏らさず安全に輸送する」と約束した。

 初荷式の後、粗糖が次々と船の船倉に流し込まれた。初荷式に参加した関係者は拍手を送りながら粗糖の安全輸送を祈願した。

 同工場は今月7日に今期の製糖操業を開始した。14日現在で工場に搬入された原料は9831㌧で平均糖度は13・5度。農家のトン当たり平均手取額は2万2088円。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!