10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
政治・行政 社会・全般
2020年7月9日(木)9:00

「コロナと共生」で情報交換/市、今月22日に対策会議

関係全職種・機関を網羅/医師会らが要請


島全体を網羅した対策会議の立ち上げを求める竹井会長(右から2人目)=8日、市役所平良庁舎

島全体を網羅した対策会議の立ち上げを求める竹井会長(右から2人目)=8日、市役所平良庁舎

新型コロナウイルス感染症対策として、市は関係全職種・機関を網羅した形で対策会議を立ち上げる。7月22日に初会合を開く。8日に宮古地区医師会の竹井太会長、歯科医師会の平良和枝会長、薬剤師会の下地睦夫会長と市役所平良庁舎で懇談した下地敏彦市長が立ち上げを決めた。

国内では第2波の様相を呈してきており、8日には県内でも新たな感染者が判明。竹井会長は「命を助けないといけないという時代から、どうコロナと共生するかというように移り変わってきた。医療関係者も命を守るだけではなく、市民の生活の中に入って、命をどう担保するのかが重要になっている」と話した上で、「ほかの職種の人たちがどう対応しているのかを知り、アドバイスをするなど広げていきたい」と対策会議の立ち上げを求めた。

下地市長は「今までのコロナ対策は県が仕切り、保健所、宮古病院が主になってやってきた。島全体のいろいろな産業の人が集まって情報交換することは必要だと思う」と応じた。

竹井会長は「島の中だけで生活できる人と、外からの人と接触しないと生活が成り立たない人の棲み分けが必要。また自己防衛できる人はいいが、高齢者や疾病を持っている人、慢性の生活習慣病を持っている人も多く、そういう人たちをコロナから切り離して、どう生活をしていくかが大きなテーマ」とし、「特定検診率も下がってきているので、生産年齢に多いメタボリック症候群など健康を見直すチャンス。一緒にやれば、コロナから逃げることもできる」と強調した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!