10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
教育・文化
2020年7月12日(日)9:00

陣地壕の形状など説明/久貝さん山本さん 「戦争遺跡」文化講座


陣地壕など戦争遺跡について説明を聞く市民ら=11日、市未来創造センター

陣地壕など戦争遺跡について説明を聞く市民ら=11日、市未来創造センター

 2020年度地域の特色ある埋蔵文化公開活用事業第1回文化講座「下地・伊良部地区の戦争遺跡」が11日、市未来創造センターであり、市教育委員会の久貝弥嗣さんが調査した来間島の山砲陣地壕(ごう)群、下地上地の宮星山の陣地壕群などについて形状などを説明した。県立博物館・美術館主任学芸員の山本正昭さんは県内の戦争遺跡の調査と保全について話した。約30人の市民が2人の説明に聞き入った。

 宮星山の陣地壕群は崎田川源流域の丘陵にあり、二つの壕と四つの銃眼が確認されている。二つの壕は隣接し、一つは総延長が111メートルにも及ぶ大規模な壕。嘉手苅の一地(ピトジ)壕は入江湾東方の丘陵の急斜面に掘られており、住民の避難用と考えられている。火をたくためのかまど部分と煙突があり、炊事場跡が確認されている。若干の灰も残されている。久貝さんは「一定期間、とどまることを目的とした壕と考えられる」と説明した。

 山本さんは「戦争遺跡が遺跡として認識されたのは1980年代からで、1992年に行われた南風原陸軍病院壕の発掘調査が県内で初めて。県では2000年から06年にかけて分布調査が行われ、その後、確認調査も実施された」と説明した。県内では1554件の戦争遺跡があり、市町村の文化財に指定されているものは20件で、全体の1%強ほどだという。山本さんは沖縄本島や渡嘉敷島の砲台跡、陣地壕、水際陣地、住民避難壕、石碑を紹介した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!