10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年7月18日(土)8:58

新人賞の我如古さんに賞状/宮古農水振興セ

県マンゴーコン表彰伝達式


崎原所長(左)から賞状の伝達を受けた我如古さん(左から2人目)ら=17日、宮古農林水産振興センター

崎原所長(左)から賞状の伝達を受けた我如古さん(左から2人目)ら=17日、宮古農林水産振興センター

 第13回県マンゴーコンテスト(主催・県果樹フェスティバル実行委員会)の新人賞表彰伝達式が17日、宮古農林水産振興センターで行われ、崎原盛光所長が我如古真也さん(36)=平良鏡原=に新人賞賞状と副賞盾を伝達した。我如古さんは初出品で新人賞に輝いた。宮古からの新人賞受賞は今回が初めて。

 このコンテストは、県内で10㌃以上の経済栽培を行うマンゴー農家を対象に、生産農家の栽培技術や果実品質の向上、生産意欲の高揚を図るとともに、高品質な県産マンゴーを広く消費者にPRすることを目的に開催されている。

 今回のコンテストには県内から43点の出品があり、いずれも高品質で栽培技術の高さが評価された。

 我如古さんは今年でマンゴー栽培6年目。栽培面積25㌃。昨年は生産量1・8㌧の実績があった。会社「我如古」を運営している。

 伝達式で、崎原所長は「マンゴーは本県を代表する熱帯果樹であり、宮古島市では2009年3月に拠点産地として県知事認定を受けている。高品質でおいしいマンゴーづくりに向け、我如古さんのご活躍を期待する」と激励した。

 我如古さんは「自分のマンゴーには合格点はあげられない。もっと向上意欲をもって、栽培管理を徹底したい」と意欲を見せた。

 伝達式後、参加者らは記念撮影を行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!