10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年7月23日(木)8:59

TACO 空港に設置

来島者の健康相談対応/県、コロナ水際対策を強化


4月に設置されたサーモグラフィーカメラの場所に併設されたTACO宮古分室=22日、宮古空港到着ロビー

4月に設置されたサーモグラフィーカメラの場所に併設されたTACO宮古分室=22日、宮古空港到着ロビー

 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて県は22日、来島者の健康相談などに対応する旅行者専用相談センター沖縄(TACO)の分室を宮古空港に設置した。事務員2人と車1台が用意され、発熱者が確認された場合、その人の意向を確認した上で、用意した車で空港から病院につなげることが可能になったほか、病院ではPCR検査も受けられるなど、これまでよりもサポート体制を充実。水際対策を強化した。

 これまで県は、今年4月に同空港に、体温を測定するサーモグラフィーカメラを設置。基準値以上の体温が測定された人には相談窓口である保健所の連絡先や体調不良時の対応などが記されたチラシを配布して、意識の啓発、注意喚起を行っていた。

 今回の分室設置について県は「今後は発熱があった場合、分室のスタッフが声を掛けて、希望があれば診察を受けるために病院まで連れて行くことが可能になった。そのための車も用意した」と説明した。

 さらに「本人の同意が必要なのはこれまでと同じだが、発熱者をきちんと病院までつなげるサポート体制を構築したことが大きい。必要となれば当然PCR検査も受けられる」と話した。

 同分室は、すでに到着ロビーに設置されているサーモグラフィーカメラの場所に併設された。

 テーブルといすが設けられ、テーブルには、体調不良時の対応等について呼び掛ける県のチラシや、発熱が感知された人用の記入用紙などが用意されている。

 県によると、TACO宮古分室は本来看護師1人、事務員1人が常駐する体制だが、現状は看護師が確保できていないため、当面は事務員2人で対応するとしている。

 そのほか、同分室は来年3月まで設置を予定している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!