10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
環境・エコ
2020年7月24日(金)8:58

砂浜環境美化に貢献/宮古青少年の家主催

親子80人が漂着ごみ拾う


漂着物を拾った参加者=23日、平良の白川浜

漂着物を拾った参加者=23日、平良の白川浜

 宮古青少年の家(島尻政俊所長)は23日、平良の高野漁港北側の白川浜で「海をきれいにしよう~ビーチクリーン~」を実施した。親子連れら80人余がボランティアで参加。漂着ごみを拾い、砂浜の環境美化に貢献した。

 体験活動を通して、さまざまな年代との交流を図り地域貢献活動の一環とすることを目的に開催された。後援は県教育委員会。この日は「海の日」で、豊かな海に感謝し、大切さを学んだ。
 参加者らは、軍手をはめ、ボランティア用のごみ袋を手にグループごとに取り組んだ。

 砂浜には多種類の漂着物が帯状に打ち上げられ、砂浜の景観を損ねていた。参加者は、空き缶やビン類などを回収しごみ袋に入れた。ゴム製の大型漂着物には全員が驚いていた。

 漂着物回収後は、海の環境学習を実施。魚など海の生き物が、海に浮いているマイクロプラスチックを間違って食べた場合の健康への影響について知識を学んだ。

 島尻所長は「短い時間に皆が力を合わせて活動したので、大変感謝している。宮古の海をきれいにしようとする気持ちが広がれば」と期待を込めた。

 参加した片山宗祐君(北小4年)は「初めて参加した。漂着物を拾ったので、砂浜がきれいになった」と感想を話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!