10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2020年7月29日(水)8:58

武道館整備を要請/宮古剣道連盟

武道の普及発展で市に


下地市長(手前右)に武道館の整備を要請した根間会長(手前左)=28日、市役所平良庁舎

下地市長(手前右)に武道館の整備を要請した根間会長(手前左)=28日、市役所平良庁舎

 宮古剣道連盟(根間康雄会長)の関係者が28日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、市における武道の普及と発展のために武道館整備を要請した。要請に対して下地市長は「設置場所を含め今後、いろいろ考えたい」との見解を示した。

 要請では、市では野球場や陸上競技場などは存在するが、武道館が整備されていないことを指摘。

 その上で、根間会長は「市における剣道の競技力向上と普及発展はスポーツアイランドの推進に大きく寄与する。武道推進の拠点となる市武道館の整備にぜひ取り組んでほしい」と求めた。

 これに対して下地市長は「統廃合によって使わなくなった学校や、旧町村の庁舎などを活用することも検討するので、設置場所にこだわらないでほしい。各方面と相談しながらいろいろ考えていきたい」と述べた。

 同連盟からの具体的な要望事項としては、広さが17・8㍍×31㍍(551・8平方㍍)の広さを確保した武道場を求めている。

 そのほかにも、冷房設備や観客席(最低50席)、更衣室・シャワールーム、道場内に大型の鏡設置を要望している。

 同連盟が整備後に取り組む内容としては、全国的に活躍している選手等による講習会▽県大会の開催▽島外チームのキャンプ誘致▽剣道を通した国際的な交流-などを掲げている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!