02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
社会・全般
2020年8月11日(火)9:00

患者死亡、宮古初/新型コロナ

症状が急速に悪化/感染累計32人


宮古島市で新型コロナ感染者1人が亡くなったと発表する玉城デニー知事=10日、県庁

宮古島市で新型コロナ感染者1人が亡くなったと発表する玉城デニー知事=10日、県庁

 【那覇支社】県は10日、新型コロナウイルスで宮古島市の患者1人が死亡したと発表した。宮古島市は、亡くなったのは高齢の女性で、容体が急変したとしている。新型コロナによる死亡例は、宮古地区では初めて。また、県は9日、宮古地区で重症化した別の患者1人を、沖縄本島の医療機関に搬送したと発表した。宮古地区での感染は、9日も2人が確認されており累計では32人。

 県によると、女性は3日に症状が発現し、7日に感染が確認された。亡くなったのは9日。関係者によると、女性は宮古病院に入院していたといい、当初は重症ではなかったが症状が急速に悪化したとみられている。 

 
 記者団から出た「宮古の医療体制で重症患者に対応できるのか」との質問に対し、保健医療部の糸数公保健衛生統括監は、「県立宮古病院はICU(集中治療室)もある。人工呼吸器による治療は可能だが、さらに重症化した場合のECMO(体外式膜型人工肺)による対応では、沖縄本島に搬送して診療する必要がある」と述べた。

 県によると、宮古病院で重症者に対応できる病床は10日時点で1床。本島の医療機関への搬送について、糸数統括監は「患者の年齢や基礎疾患などを加味して判断する。本島の医療機関と調整しながら決定している」とした。

 亡くなった女性に基礎疾患があったかは確認できていないが、県の担当者は「高齢であることが一つのリスク」と話す。女性については、容体が急変したため本島への搬送を検討できなかったという。

 10日は、このほか県内2人について、新型コロナウイルスに関連する死亡が発表された。このうち1人は、7月31日に赤十字病院での死亡で、死因は新型コロナではなくもともとの病気という。新型コロナ関連により県内で亡くなったのは、合計10人となった。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!