10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
政治・行政 社会・全般
2020年8月15日(土)9:00

「外出自粛の徹底を」/新型コロナ

旧盆帰省も慎重求める/市長、県の警戒レベル上げで


外出自粛の徹底を呼び掛ける下地市長=14日、市役所平良庁舎

外出自粛の徹底を呼び掛ける下地市長=14日、市役所平良庁舎

新型コロナウイルス感染症対策として県が警戒レベルを第4段階「感染まん延期」に引き上げ、県独自の緊急事態宣言の期間を約2週間延長し8月29日までとしたことを受け、下地敏彦市長は14日、市役所平良庁舎で会見し、「市としては県の方針に沿って、市民に感染拡大防止の協力をお願いする」と述べ、不要不急の外出自粛の徹底、宮古島への渡航は必要最小限に、旧盆期間中の親族の帰省には慎重な判断を求めた。

市は同日、対策本部会議を開き、小中学校と幼稚園の一斉休業、保育所での保育、公共施設の運営、事業の実施などについて市の方針を確認した。

会見で下地市長は「不要不急の外出自粛を徹底し、特に会食や会合など人が集まる場所への外出は控え、やむを得ず実施する場合は少人数で行い、対面では座らないなどの対策を取ってほしい。夜10時以降の外出を控え、特に繁華街への外出は厳に自粛をお願いする」と市民に求めた。

宮古島への渡航については「離島の医療体制は脆弱(ぜいじゃく)であることを踏まえ、必要最小限に。特に県外からの渡航については慎重に判断してほしい。市民も県をまたぐ移動、沖縄本島やほかの離島への移動は最小限とするようお願いする」と述べた。

最後に「感染拡大を封じ込めるためには、市民の取り組みや行動が重要になってくる。新しい生活様式に沿った行動を宮古島市民の特性である団結心を発揮し、社会全体で取り組んでいこう」と呼び掛けた。

また感染者の症状や入院者の状況、感染ルートなど、県との情報共有については、不十分だとの認識を示し、不満を漏らした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!