10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年8月21日(金)8:59

畑地にヒマワリ満開/グリーン部会、宮古島署

大輪の花に無事故願う/絆プロジェクトと開花式


鮮やかな黄色いヒマワリの開花を喜ぶ関係者ら=20日、平良東仲宗根添のほ場

鮮やかな黄色いヒマワリの開花を喜ぶ関係者ら=20日、平良東仲宗根添のほ場

 市民運動実践協議会グリーン部会(平良耕次郎部会長)は20日、6月にヒマワリの種まきを行った洲鎌吉光さん(平良東仲宗根添)の畑で開花式を行った。同部会の関係者や宮古島警察署の田場義浩署長も参加しセレモニーを実施した。畑地には黄色い大輪の花を咲かせたヒマワリが道路側に向いて咲いている。また、交通死亡事故根絶の願いを込めて全国で行われている「ひまわりの絆プロジェクト」も併せて行われた。

 同グリーン部会は、島内各地に点在する「遊休地」もしくは「農閑期の畑地」を広大な花畑に変身させ、潤いのある癒やしの住環境として市民に提供することを目的に市民有志の協力を得て、畑地をヒマワリで美しく彩る活動を毎年行っている。今回は宮古島警察署と協力して実施した。

 「ひまわりの絆プロジェクト」は2011年に京都府で当時4歳の幼稚園児が交通事故で亡くなったが生前に幼稚園から持って帰ってきたヒマワリの種を大切に育てていたことから、遺族への支援とともに命の大切さと交通死亡事故根絶の願いを込め、そのヒマワリの種を引き継いだ警察官が警察署の花壇で咲かせたことが始まり。この取り組みは全国に広がり沖縄県警でも県民に「交通安全・被害者支援の心」の輪を広めようと行われている。

 播種したのは洲鎌さんと友利哲雄さんの畑で、緑肥用のヒマワリの種約14㌔を7000平方㍍にまいた。「ひまわりの絆プロジェクト」には洲鎌さんの畑の一部が使用されている。

 平良支部長は「市民や観光客の心を和ませるためにこの活動は12年も続いているが、今回は交通安全の願いも込めている」と話した。

 田場署長は「交通安全を願うプロジェクトを沖縄本島だけでなく先島からも進めて、交通事故のない宮古島になれば」と期待を寄せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!