10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2020年8月28日(金)8:19

県専門家会議、緊急事態宣言の延長で一致

知事、きょう対策本部会議で判断へ


新型コロナウイルスに関する県緊急事態宣言について延長すべきとの見解で一致した県専門家会議=27日、南風原町の県医師会館

新型コロナウイルスに関する県緊急事態宣言について延長すべきとの見解で一致した県専門家会議=27日、南風原町の県医師会館

 【那覇支社】新型コロナウイルスに関して医療関係者などで構成する県専門家会議は27日夜、南風原町の県医師会で第11回会合を開催し、29日に期限を迎える県の緊急事態宣言について期間を延長すべきとの見解で一致した。専門家会議の意見は、28日に緊急事態宣言の延長の是非を議論する県対策本部会議に提出される。


 県専門家会議の終了後に会見した保健医療部の糸数公保健衛生統括監は、「座長が意見を集約したところ、全員が緊急事態宣言は医学的に見て延長すべきだとのことだった。何人かの先生は、最低でも旧盆の期間は感染が拡大しないかどうかを確認し、県民に感染につながる行動を抑えてもらうため解除すべきではないという意見だった。中には、2週間程度延長すべきとのコメントもあった」と語った。


 会見に同席した県立中部病院医師の高山義浩氏によれば、会議では①旧盆による世代間の交流で流行が発生するリスクがある、②現時点でまだ多数の患者が入院し、重症者も約15人いて病床が逼迫(ひっぱく)している。再流行が起きた場合には医療体制が持ちこたえらない可能性がある、③検査体制は拡充されているが、まだまだ流れを良くする余地がある―などの意見が出たという。


 保健医療部の大城玲子部長は、「28日の対策本部会議では、専門家会議の意見も報告される。経済や生活のことも踏まえ、総合的に協議がなされることになる」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!