06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
環境・エコ
2011年1月19日(水)9:00

オニヒトデ4934匹駆除/美ら海連絡協

114人がボランティア活動


オニヒトデを捕獲するボランティアのダイバー=伊良部島サバ沖(写真提供・宮古島美ら海連絡協)

オニヒトデを捕獲するボランティアのダイバー=伊良部島サバ沖(写真提供・宮古島美ら海連絡協)

 宮古島美ら海連絡協議会(会長・小禄貴英宮古島漁協組合長)は18日、2010年オニヒトデ駆除実績をまとめ発表した。それによると延べ114人がボランティアで潜水し、計4934匹を駆除。市水産課が支援・協力した。小禄組合長は「オニヒトデはサンゴに食害を与える。今後もサンゴ保護・育成・保全のためにも駆除作業を続けたい」と話した。

 駆除は1月20日~12月20日までに12回実施。

内訳は、伊良部島サバ沖のサンゴ礁が9回、平良の高野漁港沖合のマル干瀬が2回、池間島北東が1回。駆除数内訳は、サバ沖4222匹、マル干瀬547匹、サンゴ礁165匹。

 2008年2月、協議会とダイビング団体は海面利用協定を締結した。協定に基づき、ダイバーらは、協議会発行の美ら海協力券(1枚500円)を購入し、ダイビングを楽しむようになった。

収入は3漁協と協議会に配分される。協議会は収入の一部をオニヒトデ駆除の諸経費に充て、10年は34万2000円を支出した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!