10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
政治・行政 社会・全般
2020年10月13日(火)8:59

サシバを縁に交流を/市、台湾

相互訪問、文化推進へ/オンラインで意見交換


オンラインで台湾とつなぎ意見を交わす長濱副市長ら=11日、市役所平良庁舎

オンラインで台湾とつなぎ意見を交わす長濱副市長ら=11日、市役所平良庁舎

 毎年10月に越冬地の東南アジアへ向かうために南下するサシバ。宮古島などには渡りの途中に立ち寄り、一晩羽を休める。秋の風物詩となっているサシバをテーマに「千里の縁-サシバが結ぶ日台交流」が11日、市役所平良庁舎と台湾の墾丁国家公園管理所をオンラインで結んで行われた。市からは長濱政治副市長や市の職員が参加し、サシバを通した今後の交流について意見を交わした。

 今年度宮古島市での開催が予定されていた「国際サシバサミット2020宮古島」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期となったことでオンラインで交流会を開催。同サミットは来年度の開催を目標にしている。

 この日、市から長濱副市長、企画調整課の上地俊暢課長、環境衛生課の新城真八郎課長、学校教育課の垣花秀明課長が参加。台湾からは墾丁国家公園管理所の許亜儒所長、長栄大学の楊四海理事長、同大学の李泳龍学長が出席した。

 意見交換ではサシバを縁にした文化・芸術活動を今後も継続するとともに、相互の小、中、高校生の交流も深めていくことなどを話し合った。また、猛禽類移動情報収集システムの共有についても話し合われた。

 同交流会に向けて、下地敏彦市長は「台湾と市のサシバに関する理解を深める活動や相互訪問をはじめ、文化・芸術など多方面での交流をさらに推進したい」とメッセージを寄せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!