07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
スポーツ
2011年1月29日(土)9:00

シニアオープン宮古での大会終了

主催のヨネックスが市長に報告


宮古島でのヨネックスシニアオープンの終了を報告する黒子常務(左から2人目)と山口トーナメントプロデューサー(左)ら=28日、市長室

宮古島でのヨネックスシニアオープンの終了を報告する黒子常務(左から2人目)と山口トーナメントプロデューサー(左)ら=28日、市長室

 ゴルフのヨネックスシニアオープン沖縄IN宮古島を主催するヨネックスの黒子武常務が28日、平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古島での開催を昨年の大会を最後に取り止めることを報告した。黒子常務は「宮古島は環境が良く、地元の人たちも協力してもらい大変素晴らしい大会だったが、諸般の事情があり終了という結論に達した」と理解を求めた。


 宮古島で初めて開催されたのは2007年12月。下地のエメラルドコーストゴルフリンクスを舞台に、シニアプロ、アマチュア、U―シニア、ジュニア、レディースの出場枠があり、国内唯一の競技方式で注目度も高かった。市や宮古ゴルフ連盟、宮古体育協会などは、ジュニア育成や宮古島PRの絶好の機会として捉え運営に協力、市民ボランティアが大会を支えた。


 昨年11月の第4回大会には120人が出場し賞金総額700万円、優勝賞金100万円で2日間にわたって争われた。09年には地元出身の友利勝良が優勝し盛り上がった。
 下地敏彦市長は「残念なことだが、これまで宮古島のPRをしていただいてありがとう」と礼を述べた。


 宮古島誘致に尽力したトーナメントプロデューサー山口哲芳さんは「トライ大会と同じように大きな大会にしていきたかったが、メーン企業の支援継続が難しくなった。年々ギャラリーも少なくなり盛り上がりに欠けてきた」と終了するに至った経緯を説明。「受け入れてくれる企業があれば継続する可能性もある」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!