02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
産業・経済
2011年2月2日(水)9:00

食肉センター新築移転へ

取締役会で検討委設置可決


新築移転することになった現食肉センター

新築移転することになった現食肉センター

 宮古食肉センター(池間等志社長)は1日、JAおきなわ宮古地区本部で取締役会を開き、老朽化した同施設の新築移転に向けて、事業導入検討委員会を設置する案を可決した。8月末ごろの答申を受け、事業化の是非などを判断する。下地敏彦市長は「2012度中につくろう」とハッパを掛けた。


 移転新築は国、県の補助事業の活用を視野に入れている。事業費は6~8億円で補助率は90%。池間社長は事業化には、残り1割のJAや市の支援が不可欠との考えを示した。

 委員会では場所や、規模、設備内容などを検討する。新食肉センターの建設スケジュールは、今月中の検討委員会設置、取締役会での事業化決定、設計などを経て12年度中の着工と完成を目指す。

 施設の肉用牛年間処理規模について事務局は、宮古んま牛(高齢牛)1000頭、地元肥育牛1000頭の計2000頭の目安を示した。最終的な規模(頭数)は、和牛改良組合や行政、JAの関係者もメンバーに入れた委員会の中で、肉用牛振興(飼養頭数)計画を作りこれに基づいて決める。

 移転新築は、施設の機能拡充による肉用牛振興の後押しを大きな狙いとする。

 具体的な目的には①肥育した宮古んま牛の部分肉加工による付加価値向上②肉用牛地域一貫経営の促進③肉加工を沖縄本島の施設に頼らざるを得ない状況の解消(加工コスト低減)④宮古銘柄牛の確立-などを挙げる。銘柄牛肉の流通は、本土市場も見据えている。

 83年に建設された宮古食肉センターは老朽化し、保守修繕費の増が経営に及ぼす影響も懸念されている。

 肉用牛地域一貫経営 農家が子牛生産から肥育までを一貫して行う経営形態。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!