01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
政治・行政
2011年2月6日(日)9:00

さらなる宮古島発展誓う/下地市長が就任2周年

関係者集い盛大に激励会


市長就任2周年を祝い乾杯する来場者たち=5日夜、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

市長就任2周年を祝い乾杯する来場者たち=5日夜、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

 下地敏彦市長就任2周年激励会(主催・同実行委員会)が5日夜、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで開かれた。仲井真弘多県知事や県選出の国会議員、宮古島市議会の与党議員、市長を支持する市民らが多数、駆け付け、4年任期の折り返しという節目を盛大に祝った。


 入りきらないほどの来場者であふれた激励会場に久松青年会による久松・久貝の獅子舞の先導で下地市長夫妻らが入場すると、大きな拍手が送られた。

 主催者を代表して実行委員長を務める下地義治宮古島商工会議所会頭が「宮古は今までにない元気さで、県内で一番元気な島だと思う。今後、市長のなお一層の活躍を期待したい」とあいさつした。

 来賓を代表して仲井真知事は「離島振興をしっかりやることが私の第一の目標。宮古島発展のため、下地市長とともに努力していきたい」、参院議員の島尻安伊子氏は「元気な沖縄の中でも特に元気な宮古島。さらなる宮古の発展のため下地市長の下、団結して頑張っていきたい」と語った。

 あいさつに立った下地市長は「あっという間の2年。市民が安心して暮らすためには、市役所と市民が信頼関係を築かなければいけないと思い、市政に取り組んできた」と振り返った上で「残された2年間も一生懸命に頑張るので、皆さんの協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

 市議会の下地明議長による乾杯の音頭に合わせ、全員で祝杯を挙げたほか、公明党県本部の糸洲朝則代表や漢那政弘石垣市副市長、座喜味一幸県議らがあいさつを行い下地市長を激励。舞台ではさまざまな余興も披露され、会を盛り上げた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!